CT結果の提供をお願いする理由について

当院でハイパーサーミアの治療を受けている患者様には、化学療法や放射線治療をなさっている医療機関で行った画像診断の結果を拝見させて頂くようにお願いしています。
一般的に治療が行われた場合、その効果判定を目的に検査を致します。
しかし当院では、ハイパーサーミアの効果判定を目的として検査を行っていません。
検査設備の不備があることは否めませんが、最大の理由は放射線被爆の問題にあります。

化学療法など標準治療を受けている患者様方は、治療効果判定のため、必ず定期的に造影CTなどの画像診断を受けているはずです。
CT検査だけではなく、場合によってCT以外にもPET検査や、骨シンチを受けなければ判断出来ないこともあります。

このような状態の中で更にまた、ハイパーサーミア効果判定のためとは言え、放射線を被爆することは発癌の恐れを招くだけであり、本意ではありません。
同時にまた、余分な出費も必要になります。

電磁波温熱療法の治療効果判定のために把握し、追い続けなければならない特殊な検査はありません。
一般的に、癌の治療効果は造影CTで判定が行われます。
このため、標準治療の効果判定を目的とした造影CT検査など、画像診断の検査結果をもとに判断させて頂くため資料提供をお願いしています。

舘内記念診療所

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。