多発する骨転移を伴っていた肺腺癌 イレッサとハイパーサーミアの併用で長期に良好な状態を維持している症例

症例のご紹介 肺腺癌  多発性骨転移イレッサとハイパーサーミアの併用で長期に良好な状態を維持している症例 症例:70歳代 男性 病気の経緯:2010年8月、他県総合病院において右肺上葉肺癌の診断を受け、胸腔鏡下手術を受け...

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。