初期がんは先ず標準治療 進行がんはハイパーサーミア併用を

初期の癌と診断された患者様の中には、標準治療を受け入れず、ハイパーサーミアのみで治療を希望される方がいらっしゃいます。
基本的に、ご本人の意思を尊重致しますが、直ぐ切除すれば絶対完治するであろうと思われる場合、必ずもう一度、標準治療を考えて戴くようにお願いしています。

ハイパーサーミアだけで、初期の癌を何とかしようと思っては駄目です。
勿論、全く効果がないという訳ではありません。
厚生労働省が認めた保険治療です。
しかし、標準治療の補完的治療であると私は考えます。

初期の癌ではなく、進行癌の場合は少し考えが異なります。
リンパ節などへの転移があると判明している場合、治療で一時的に治ったとしても、その後、再発・再燃し悪化して行くことが考えられるからです。
現在、免疫機序を利用した新しい治療が開発されています。
新しい治療にも、少なからず副作用があるでしょう。
しかし今後、飛躍的に進歩を遂げて行くことは事実です。

救世主となり得る治療法は、何時か登場するに違いありません。
その恩恵を受ける日が、必ず来ると思います。
その時まで、何としても命を繋ぎ続けることが必要です。
恵みを享受する唯一の方法は、現在の健康を保ち続けること。
更に、良い体調を維持することです。

進行癌と診断された患者様には、ハイパーサーミアが治療の選択枝となります。
標準治療と併用し、補完的に行う癌の治療として効果が期待できるからです。
毎日を積み重ねて行けば、必ず明るい未来が訪れると信じます。

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。