貧乏ゆすりの原因とその効能

「ほら、また遣っている! 貧乏神に取り憑かれるよ!」
もしかすると、あなたも注意されたことがありますか?
貧乏神に取り憑かれるのは無論迷信ですが、貧乏ゆすりを諌めた言い方です。
確かにカタカタと膝を揺らしている姿は、余り格好の良いものではありません。
しかし、貧乏ゆすりは知らないうちに遣っています。
遣っている本人は何かに集中しているので気付いていませんが、それを近くで見ている人は気になって仕方ありません。

昔からの記述にも貧乏ゆすりは登場するようです。
飢饉などで食べるものにも困っている貧乏な人々が、寒さと飢えで小刻みに震えている様子から准えたのでないかと考えられています。
日本人だけではなく、どの人種にも見られる行動ですが、英語ではknee shakingやleg shakingまたはtapping(shaking) unconsciouslyなど、膝や脚の揺れという呼び方になり、決まった名称はないようです。
貧乏を引き合いに出して名付けたのは、日本人だけだそうです。

貧乏ゆすりの原因はいろいろ考えられていますが大筋、次のように分けて考えられるのではないでしょうか。
1:血行の問題
主に座位で過ごしていると、下肢の血流が滞りがちになるため、循環改善のため反射的に貧乏ゆすりを始める。
エコノミークラス症候群で血栓が出来、脳梗塞や心筋梗塞を起こすことは有名ですが、貧乏ゆすりで循環を賦活し発症リスクを下げるよう、無意識に行動しているのかも知れません。
つまりこれは、貧乏ゆすりの効果とも言えます。
2:精神的な問題
何もせず身体を静止していると、心理的に不安を起こすのだそうです。
また、貧乏ゆすりする人の大多数は不満やストレスを持っている場合が多く、その不安やストレスを払い除けるため貧乏ゆすりをし、気分を紛らわせているのではないかと考えられています。
不安やストレスなどによって引き起こされた脳の緊張を解き放つため、ある種の逃避行動として貧乏ゆすりをするのであろうと考えられているのです。
3:その他
幼い頃から癖になっているので止められなくなっている。
摂取し過ぎたエネルギーを消費しようとする行動ではないか。
など、要するに今のところ余り明確には分かっていません。

現在、明らかになっているのは、神経の反射回路が存在しているということです。
私達の身体には、もともと生まれたときから貧乏ゆすりのような運動を繰り返す神経回路を形成しているのだそうです。
通常、何もしていない状態では脳が動きを抑制し、脚は静止した状態で過ごしています。
しかし、何かに集中するとその抑制が抑えられ、貧乏ゆすりが起こりやすくなるということだそうです。

印象の良くない悪い貧乏ゆすりですが、メリットもいくつか考えられます。
先程も述べたように、
循環器系への影響としては:
1:エコノミークラス症候群などで起こす血栓の予防に効果があるのではないか。
2:筋肉の収縮弛緩を繰り返すことによりポンプ作用で循環を促進し、うっ血を改善し下肢の浮腫みをとる効果があるのではないか。

精神神経系への影響としては:
1:集中力を高める効果があるのではないか。
神経回路の抑制が外れて貧乏ゆすりが起こるという理屈と並べてみると「ニワトリタマゴ」ですが、集中することで貧乏ゆすりが始まり、またさらに集中力を高めるというループを形成するということでしょうか。
確かに、貧乏ゆすりが始まると、1回~2回で直ぐに揺れが止むことはありません。
2:リラックスすることでストレスを解消する。
実際に脳内ホルモンの「セロトニン」を測定すると、貧乏ゆすりをすることで脳内の分泌量が増えていたという報告があります。
セロトニンやドーパミン、オキシトシンなどの脳内神経伝達物質は、いわゆる幸せホルモンと俗に呼ばれているものです。
セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなどの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあると考えられています。

自分自身は、若い頃のように貧乏ゆすりをしなくなりました。
と言うことは、年齢とともに集中力が衰えたということなのでしょうか。
他人からみると見た目も悪いし不愉快ですが、効果効能は良いことだらけです。
周りに人がいないときには、遠慮なく貧乏ゆすりに励みましょう。

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。