悲しい夏の思い出 消えた麦わら帽子

学生さん達は、夏休みに入りました。
小中学校の周りから、一斉に子供達がいなくなります。
海や山へ、家族と旅行に出掛けたり、部活で合宿したり、試合で遠征したり。
そして、夏休みには、色んな思い出が残ります。

小学5年生の夏休みでした。
北九州の大学へ通っている姉の下宿先へ、遊びに行った時のお話です。
プレゼントで、麦わら帽子を買って貰いました。
普通の麦わら帽子ではなく、ちょっと小洒落たタイプ。
良家のご子息、御用達のような格好の帽子でした。
私はとても気に入り、買って貰ったその日は、枕元に置いて寝たほどです。

翌日、姉と一緒に北九州市八幡区にある皿倉山へ出掛けました。
標高は600mほど。
頂上には電波塔があり、ケーブルカーで登ることが出来ます。
山頂の周辺は遊歩道が整備され、一寸した観光スポットです。
当日、天気は晴れ。
夏らしく、蒸し暑い日でした。
山の裾から吹きあげる風が、時折、清涼を運んで来ます。
暑さを凌ぐため買って貰ったアイス片手に、日陰の椅子に腰掛けました。
洋服を汚さないよう襟元を抑えて食べていたその時、激しい突風に襲われたのです。
私の帽子は風に乗り、遥か彼方。
山中の森へ消えて行きました。

「 母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね?
ええ、夏、碓氷から霧積へ行く道で、谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。
母さん、あれは好きな帽子でしたよ、僕はあの時随分悔しかった。
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。 」

ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、1977年に制作のされた映画、「人間の証明」に出て来る有名なフレーズです。
この一節は、西條八十詩集のなかに収められた「僕の帽子」から小説に採用されています。
「人間の証明」は、森村誠一さんの長編推理小説で、翌年にはテレビでドラマ化されました。
連続ドラマでしたが、毎回、高視聴率を誇ったテレビドラマです。

ニューヨークから来た黒人青年ジョニーが、高層ホテルのエレベーターで胸をナイフで刺されたまま死亡し、事件から始まります。
刑事は、ジョニーをホテルへ送ったタクシー運転手の証言から、ジョニーが「ストウハ」と言っていたことを聞き出します。
タクシーには、「西條八十詩集」の古本が残されていました。
更に、ジョニーがニューヨークから日本へ出発する際、「キスミー」と言い残していたとの情報を聞き込みます。
刑事は、西條八十詩集のなかに収められている「僕の帽子」の一文から、「キスミー」とは、栃木県にある霧積温泉のことではないかと考えます。
更に、現場の高層ホテル(ホテル ニューオータニ)最上階にある展望レストランの丸い外観が、ジョニーにはストローハット「麦わら帽子」にみえたのだろうと推測するのです。

ドラマは、複雑に話が絡み合い進行しますが、フレーズに関係ありそうな部分だけ、ストーリーを掻い摘んでみました。
作中に登場する西條八十の詩、「僕の帽子」を紹介します。

ぼくの帽子

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?
ええ、夏、碓氷(うすい)から霧積(きりづみ)へゆくみちで、
谷底へ落としたあの麦わら帽子ですよ。
母さん、あれは好きな帽子でしたよ、
僕はあのときずいぶんくやしかった、
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。
母さん、あのとき、向こうから若い薬売りが来ましたっけね、
紺の脚絆(きゃはん)に手甲(てこう)をした。
そして拾はうとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。
けれど、とうとう駄目だった、
なにしろ深い谷で、それに草が
背たけぐらい伸びていたんですもの。
母さん、ほんとにあの帽子どうなったでせう?
そのとき傍らに咲いていた車百合の花は
もうとうに枯れちゃったでせうね、そして、
秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
あの帽子の下で毎晩きりぎりすが啼いたかも知れませんよ。
母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
あの谷間に、静かに雪がつもっているでせう、
昔、つやつや光った、あの伊太利麦の帽子と、
その裏に僕が書いた
Y.S という頭文字を
埋めるように、静かに、寂しく。

西條八十の詩、「僕の帽子」より

買ったばかりの、帽子は遂に見つかりませんでした。
夏休みのイメージは、映画のフレーズと映像が重なる、悲しい思い出です。