治療と療法の違い – 民間療法の功罪について

治療とは、「病気や症状を改善させるために行う医療行為のこと」であり、
療法とは、「治療を行う手段や方法のこと」を言います。

常識的なことを今、改めて申し上げるのは大変馬鹿げたことですが、敢えて述べておきたい理由があります。
まれに「〇〇療法」というのは、科学的な証明が行われておらず根拠のない治療法のことであるなど誤解されている方をみかけます。
しかし、これは間違いです。
化学療法や理学療法、精神療法など少なからず一度はお聞きになったことがあろうかと思いますが、療法と名前が付いているものは科学的な証明のもとに行われている治療方法を指しています。
もちろん、電磁波温熱療法も科学的な証明が行われており、保険診療が可能な治療方法であることは言うまでもありません。
いわゆる「民間療法」なるものが巷に溢れているため、「〇〇療法」と名がつくものは全て、まやかしだという既成概念が出来上がっているのでしょうか。
いかに数多の民間療法が世の中に溢れ、氾濫している証拠ではないかと思います。

しかし、民間療法と言っても日常お世話になっているものもあります。
例えば、吃逆(シャクリ)のとき、コップに注いだ水を手元とは逆の縁から飲むと治まってしまいます。
これは、自分でも良く利用する方法です。
必ず皆さん方が上手く行くとは限りませんが、昔から良い対処法だと思って実践しています。
世にある民間療法は、科学的な裏付けはないけれど、経験則で何となく症状が良くなるような手立てが口伝てで広まったものだと考えられます。
民間療法の信奉者という訳ではありませんが、なかには症状を改善する手段として効果が出るものもあるということです。

さて、「民間療法」とは一体どういうものでしょうか。
民間療法とは、医師の資格を持っていない者が、伝統的な知識にもとづいて行なうような治療のことを言い、薬物療法、物理的療法、呪術的療法、信仰的療法などのカテゴリーに分けられています。

薬物療法(草の根や木の皮、その他さまざまな化学薬品を使った民間薬を服用するもの)

物理的療法(摩擦・圧迫・加熱・加湿・冷却などの刺激を与えるもの)

呪術的療法(シャーマンと呼ばれる霊能力者や祈祷師が行うもの)

信仰的療法(神社仏閣でご祈願、ご祈祷など行うもの)

など、非常に多岐に渡っています。

民間療法と呼ばれるものの範疇は非常に広く、また曖昧です。
さも、確立したカテゴリーがあるように述べていますが、そのような棲み分けはなく、様々な方法が混在していると言えるでしょう。
また、いくつかを組み合わせた方法もあるのではないかと思います。
それぞれの方法には経験的な、あるいは伝統的なものが継承され、近代医療が発達していないような時代には、ある程度の効果がみられていたのではないかと考えられます。

人間には本来、見えないものや神秘的なものに対して畏敬の念をもつ傾向があります。
昔から、神仏の力で疫病を封じる目的で執り行っていた祭り事は、伝統行事として受け継がれています。
もちろん、神の祭り事が民間療法の一つであるなどと述べるつもりは全くありません。
効果の一つとして心理的な作用があり、病気そのものや不安に対して、癒しの効果があるということだと思います。
呪術や信仰に頼る人の理由は、多分そこにあるのでしょう。
呪術や信仰のみならず、広くサプリなどを含めた民間療法の全てにおいて、少なからず癒しの効果があるのではないかと考えられます。
当然ではありますが、これは近代医療と全く異なった部分に存在意義をもっているのです。

特に「がん」の病気に絞ってみても、医療が発達した今でさえ治療の選択肢が無くなってしまい、命を救うことが出来ない患者様が多くいます。
何も治療しないまま進行する病気をただ眺めているだけでは、ご本人も周りのご家族も為す術なく、遣る瀬ない気持ちが募る一方でしょう。
治療難民が民間療法へ救いを求める行動は、近代医療も責任の一端があると言えるのかも知れません。
もしかすると、近代医療の及ばない部分を補足するように機能しているのではないかと思うこともあります。
病気と戦い続けているという一種の安堵を求め、民間療法を始める患者様も多くいるでしょう。
しかし逆に考えると、救いの手を求める気持ちに乗じ、営利だけを目的に近づく業者へ隙を与える機会になっていることも事実です。

民間療法の問題点は、安全性が保証されないものがあるということです。
実際、極端な民間療法による副作用で健康被害がいくつも報告されています。
自己責任のもとに行動するのは非難出来ませんが、最終的には近代医療に携わる者が民間療法で生じた弊害を診ることになります。
また、いつ・どのような状態で健康被害を起こすか予測不能です。
医療に携わる者が、民間療法に対し懸念を抱いている理由には、このような伏線があるからだろうと思います。
もちろん、全ての民間療法で健康被害を起こす訳ではありません。
しかしながら、臓器障害を始めとし、何らかの後遺症を残す場合もあることを十分理解し、知っておく必要があるでしょう。

舘内記念診療所

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。