免疫細胞治療

免疫細胞治療とは?

免疫細胞治療は、ご自身の免疫の力を利用して、がんを攻撃する治療法です。

具体的には患者さんの血液から免疫細胞を取り出し、免疫細胞を培養して数を増やしたり、活性化させてから再び体内に戻します。これにより、重い副作用などなく効果的にがんを攻撃することができるのです。

仮図

ご存知の通り、現在のがん治療は「手術」「化学療法」「放射線治療」が中心です。「手術」はがんを物理的に取り除く方法ですが、抗がん剤などの「化学療法」や「放射線治療」はいずれも外部の力を使ってがん細胞を攻撃するものです。すると必然的に正常細胞も傷つき・ダメージを受けることとなり、これがいわゆる副作用となり身体に大きな負担をかけることとなります。

これに対して免疫細胞療法は患者さんの身体にある免疫細胞を使ってがんを攻撃することから大きな副作用がなく、他の治療と組み合わせて治療を行うこともできるのです。最近ではがんの治療は患者さんの免疫状態により左右されることがわかってきているため、免疫力を高める免疫細胞治療はその他の治療効果を高める効果も期待できます。

仮図

免疫細胞治療の種類

免疫細胞治療には使う細胞の種類や培養方法によりいくつかの種類があります。

樹状細胞ワクチン

「がん」を攻撃するTリンパ球にがんの目印(がん抗原)を伝え、攻撃の指示を与える役割をもつ樹状細胞に、手術で摘出された患者さんご自身のがん組織な どを取り込ませて体内に戻す治療法です。体内で「がん」を狙い撃ちできるTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球:CTL)の誘導が期待できます。

αβT細胞療法

血液からリンパ球を分離し、活性化・増殖させて体内に戻す治療法です。手術後の補助療法として、再発予防効果が示されています。


ガンマ・デルタT細胞療法

リンパ球の中でも数%しか存在しないγδT細胞を選択的に活性化・増殖します。「がん」の種類や病状によっては、アルファ・ベータT細胞療法よりも治療効果が期待できる新しい治療法です。

NK細胞療法

異常な細胞全般を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化、増殖させ、体内に戻す治療法です。

免疫細胞治療の対象となる方

免疫細胞治療はほとんどすべてのがん種が治療の対象となります。

免疫細胞治療でより効果を期待したい場合は、できるだけ早い時期から治療されることをおすすめします。また、手術後に再発予防を目的として免疫細胞治療を行う方も増えています。まずは一度ご相談ください。

※以下の方は免疫細胞治療をお受けいただけません。
・HIV抗体陽性の方
・臓器、同種骨髄移植を受けられた方

※また、以下の方は樹状細胞ワクチンのみ可能となります。
・一部の白血病、T細胞型悪性リンパ腫の方
・HTLV-1抗体陽性の方

!このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。