免疫細胞治療

免疫細胞治療
ご予約・お問い合わせ

About Immune cell therapy

免疫細胞治療とは?

免疫細胞治療は、ご自身の免疫の力を利用して、がんを攻撃する画期的な治療法です。

具体的には患者さんの血液から免疫細胞を取り出し、免疫細胞を培養して数を増やしたり、活性化させてから再び体内に戻します。これにより、重い副作用などなく効果的にがんを攻撃することができるのです。

図1:がん標準治療と併用可能な免疫細胞治療

 The treatment of cancer

負担の少ないがん治療

ご存知の通り、現在のがん治療は「手術」「化学療法」「放射線治療」が中心です。「手術」はがんを物理的に取り除く方法ですが、抗がん剤などの「化学療法」や「放射線治療」はいずれも外部の力を使ってがん細胞を攻撃するものです。すると必然的に正常細胞も傷つき・ダメージを受けることとなり、これがいわゆる副作用となり身体に大きな負担をかけることとなります。

これに対して免疫細胞療法は患者さんの身体にある免疫細胞を使ってがんを攻撃することから大きな副作用がなく、他の治療と組み合わせて治療を行うこともできるのです。最近ではがんの治療は患者さんの免疫状態により左右されることがわかってきているため、免疫力を高める免疫細胞治療はその他の治療効果を高める効果も期待できます。

免疫細胞治療
ご予約・お問い合わせ

Mechanism of Immune cell therapy

免疫細胞治療のしくみ

採血で免疫細胞を取り出す。

採血で免疫細胞を取り出す。
取り出した免疫細胞

細胞培養施設で免疫細胞を加工。

細胞培養施設
免疫細胞を増殖、活性化

点滴や注射で免疫細胞を身体に戻し、がんを攻撃。

免疫細胞を体内に戻す

Types of Immune cell therapy

免疫細胞治療の種類

免疫細胞治療には使う細胞の種類や培養方法によりいくつかの種類があります。

αβT細胞療法

T細胞

血液からリンパ球を分離し、がんに対する攻撃力が最も強いT細胞を活性化し、増殖させてから体内に戻す治療法です。初期がんから進行がんまで幅広く適用されます。手術後の補助療法として、再発予防効果が示されています。

NK細胞療法

NK細胞

NK細胞は末梢血中のリンパ球に含まれる免疫細胞のひとつで、極めて強い細胞殺傷能力を持っているためナチュラルキラー(NK)細胞と呼ばれています。T細胞とは違い、抗原抗体反応がないため直接目的箇所に向かい自由にがん細胞を攻撃することができます。このNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化、増殖させ、体内に戻す治療法です。

樹状細胞ワクチン

樹状細胞

「がん」を攻撃するTリンパ球にがんの目印(がん抗原)を伝え、攻撃の指示を与える役割をもつ樹状細胞に、手術で摘出された患者さんご自身のがん組織な どを取り込ませて体内に戻す治療法です。体内で「がん」を狙い撃ちできるTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球:CTL)の誘導が期待できます。

Remediable of Immune cell therapy

免疫細胞治療の対象となる方

免疫細胞治療はほとんど全てのがん種が治療の対象となります。

初期のがんの方はもちろんとして、進行がんの方や再発がんの方も治療の対象となります。また、一部の血液系のがんを除き、ほとんどのがんに適応できます。

免疫細胞治療でより効果を期待したい場合は、できるだけ早い時期から治療されることをおすすめします。また、手術後に再発予防を目的として免疫細胞治療を行う方も増えています。まずは一度ご相談ください。

免疫細胞治療をお受けいただけない方

  • HIV抗体陽性の方
  • 臓器、同種骨髄移植を受けられた方

治療自体は基本的には2週間おきに採血と点滴を繰り返すものとなりますので、入院の必要はなく外来通院での治療が可能です。

Treatment Cost

がん免疫細胞治療にかかる治療費

お気軽にご相談ください。

初診料・相談料5,000円~
(税込 5,500円 )

Reservation

 ご予約・お問い合わせ

電話でお問い合わせ
 03-3446-8686
電話受付/8:30-18:00(木/日/祝休診)




    ※メールアドレスの間違いがないかご確認ください。



    ※予約確認をお電話で行いますので必ずご記入ください。


    !このページのコンテンツは全て医学博士 安部英彦・院長 医師 安部公崇の監修に基づいて執筆・制作されております。