がん温熱療法(ハイパーサーミア)

ハイパーサーミア(電磁波温熱療法)とは、がん細胞が熱に弱いという特徴を利用したがん治療法です。患者様の身体に大きな負担をかけることなく治療ができ、患者様のQOL(生活の質)を向上させ、他の治療法と併用すると相乗効果を発揮します。当クリニックでは、健康保険の適用を受けている温熱医療機器である山本ビニター社製:RF-8で治療を行なっております。 

電磁波温熱療法(ハイパーサーミア)とは

がんの細胞は、42.5℃を超える加熱を行うと、急速に死に向かいます。
がんは正常な組織より熱が溜まり易く、熱に対して弱い性質があります。
加熱によって細胞が死滅する性質を利用し、がん細胞を退治する方法が、ハイパーサーミアです。
当院では、保険適応がある医療機器 サーモトロンRF8 を使用しています。

ハイパーサーミアを行う治療機器 山本ビニター社製:サーモトロンRF-8
山本ビニター社製 サーモトロンRF-8

効果のメカニズム

①熱による直接効果

人間には体温調節機能があり、体温を一定に保つことが出来ます。正常な組織に熱が加わると、血管が拡張し、血液の流れが増えます。このため、熱が外に放出され、体温を一定に保つことが出来るのです。しかし、がんの血管は、正常な組織の血管と比べて構造が未熟なため血流の調節機能が無く、温めても血管が拡張しないため、血液の流れに変化が起こりません。その結果、熱を外に放出することが出来ず、熱ががんに溜まり温度が高くなります。この様ながんの性質を利用して、熱によるがんへの直接的な効果をもたらします。

免疫機能が関与する間接的効果

がん細胞に温熱を加えると、熱ショック蛋白が出現します。熱ショック蛋白は壊れたがん細胞の癌抗原と結合し、がん細胞の抗原提示を行います。これにより、キラーTリンパ球はがん細胞を認識し、癌細胞への攻撃を開始します。

標準治療との併用効果

化学療法
抗がん剤治療の際、薬に対して耐性を持たせる物質の働きを抑えるため、増感効果があると考えられています。

放射線治療
放射線によって障害を受けた腫瘍細胞は、自ら修復させる働きを持っていますが、加熱することにより、その修復過程を抑制します。

温熱療法の副作用

熱傷(火傷)
皮膚に火傷や、皮下脂肪が硬くなることがあります。
治療中に熱感や痛みを起こします。

熱中症
体温が上がることで汗をかき、熱中症を誘発することがあります。
治療の前後に、水分の補給を確り行って下さい。

倦怠感
温度を上げる治療なので、倦怠感や筋肉の強張りを起こすことがあります。

適応について

  1. 血液がんには効果が無く、また頭部のがんは出来ません。
    転移を含め、固形がん※を対象に行います。
  2. 体内(電極で挟む部位)に金属がある方は出来ません。
    治療領域以外に存在する義歯や関節置換術の金属関節などは可能です。
  3. ペースメーカーや除細動器を装着している方、重篤な心腎疾患の方は出来ません。
  4. 機械の上で40分程電極に挟まれた状態で行いますので、腰が痛い首が痛いなど整形外科的な障害をお持ちの方は困難です。
  5. 身の回りのことをご自分で出来る位の体力が必要です。
  6. 妊娠中の方は出来ません。
  7. 刺青がある方は、染料(主に酸化鉄)含有のため、出来ません。
  8. 治療に対しての理解が得られない認知症の方は出来ません。

※「固形がん」とは、血液のがん以外、例えば肺がんや胃がん、肝臓がん、膵臓がん、腎がん、大腸がん、卵巣がん等を指します。

保険での実施回数や期間などについて

当院における一連の治療は、平均して1週間に1~2回の割合で、3ヶ月以内に8回を上限として実施します。
保険診療による電磁波温熱療法を始める場合、これまでに受けた検査データ(CT検査や腫瘍マーカー)が必要です。医学的な必要性から、一連の治療過程後に再度、ハイパーサーミアの治療を行う場合は、2ヶ月に1回、2回を限度として算定することができます。 

私費での診療費用について

がん病名以外や保険での診療期間以外、また期間内の規定回数以外は私費になります。
私費の場合、1回の費用は15,000円です。

初診時の注意事項

紹介状(診療情報提供書)は必須ではありませんが、当院で検査を行いませんので、お手元にある画像診断の紙媒体や電子媒体(出来れば直近のもので、データをご自分でコピーしたものではなく直接医療機関から出されたもの)資料、組織診断や血液検査の結果などのコピー、主治医の先生から病気の説明などに戴いた書類など、参考になる資料をお持ちになれば結構です。
主治医の先生から診療情報提供書を戴ければ幸いです。また、保険証を必ずお持ち下さい。

治療時の準備と注意事項

治療時に必要なものとしては、バスタオル2枚・フェイスタオル2枚・着替え・飲料水などご用意ください。食事は2時間前に済ませて下さい。貴金属、眼鏡、時計など金属製品は外して戴きます。携帯用デジタル音楽プレイヤーなど、電子部品は壊れる可能性があり、治療中は使えません。